FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


学校に行くのは週1 前向きな不登校を選択したある親子の挑戦

  1. 2017.12.20(Wed) _14:24:59
  2. ニュース
年間30日以上学校を休んだ場合、文部科学省の定義では、おおむね「不登校」と判断される。しかし、東京都内に住む会社員の佐別当(さべっとう)隆志さん(40)の娘の絵理ちゃん(7)は、あえて小学校に通うのは週1日とし、それ以外は英語教室に通ったり、母親の指導を受けたりして学ぶ。背景には「画一的な学び」への抵抗感がある。

 学校と学校外の学びを組み合わせた教育方法を佐別当さんは「ハイブリッドスクーリング」と呼び、一つの選択肢として普及を目指している。しかし、法的な課題も多い。ハイブリッドスクーリングの定着はあり得るか。現状を取材した。 

シェアハウスに暮らし、多様な大人の中で育った娘「学校に行かせるより家で学んだほうが伸びる」

山手線のとある駅から徒歩圏内にある一軒家が佐別当さん一家の住みかだ。しかし、ただの家ではない。一家の居住空間以外に、シェアハウスの機能が備えられている。佐別当さんは会社員の傍ら、このシェアハウスのオーナーを務める。運営は台湾人の妻、楊麗●(ヨウリーシェン、38)さんの仕事だ。(●は王へんに旋)

 家族以外の大人が日々出入りし、書道や演劇のワークショップなども自宅で開催してきた。一般的な家庭よりもにぎやかな環境で、絵理ちゃんはのびのびと育ち、人懐っこい、物怖じしない性格となった。「友達作るのなんて簡単だよ」。天真爛漫な笑顔は、いわゆる「学校に行くつらさを抱えて不登校となった子供」のイメージとは程遠い。

 そんな絵理ちゃんを毎日小学校に通わせないことに決めたのは、佐別当さん夫妻の教育観によるところが大きいという。

 「家で学校では学べないような体験をさせている。画一的に教えられるよりも、生活の延長で学んでいくほうが力を伸ばせるのではないか」(楊さん)、「学校に行かせるのが正しいんだろうかというのが疑問としてはあった」(佐別当さん)

 絵理ちゃんからも入学前の学校説明会や入学式に行ったときに、「今までの教育スタイルのほうがいい、学校に行きたくない」という話があったという。

 「そう言うんじゃないかな、と思っていた。娘が行きたくないなら、いろいろな学びの場や大人から学んでいく形を広げていこうと思った」(佐別当さん)

週1回、体育だけ参加 それ以外は英語で学ぶアートスクールに通ったり、自宅で勉強したりして過ごす

絵理ちゃんのスケジュールはこうだ。

 週に1日、水曜日は小学校へ行き、体育だけ参加する。それ以外の日は火・木・土曜日、午前9時~午後2時に、都内にある就学前から通っている英語で学ぶアートスクールで過ごす。金曜日には学校の放課後にあたる時間に、別の探求型の学習塾で、宇宙や動物などいろいろなテーマについて調べたりするプログラムを受けている。月2回、日曜日には、英語で税金や株などお金について学ぶスクールにも通っている。

 家庭での学びはどうか。習い事がない日は午前9時~10時に、楊さんが教える形で、英語、算数と国語の勉強をするという。好きな英語の歌を歌詞をみながら歌ったり、楊さんが選んだ教材で漢字を書いたり、計算したりしているといい、「教科書は学校からもらってきているけれど、教科書どおりに教えるのではなく、必要なものを自己流で教える」(楊さん)という。月曜日は月に2回、日本語の家庭教師をつけているといい、1時間半、国語を集中して学ぶ。

 自宅での学びでは、子供がついついさぼってしまうこともありそうだが、佐別当さん夫妻は「それはない」と語る。「ずっと勉強せずに、iPadばかり見ていたりとかはすごく怒る。やるときにやらないと時間が無駄だと。算数は計算が難しいから、思考しなくなったりすることがある。そういうときも、ちゃんと自分の頭で考えなさい、と厳しく言う」(佐別当さん)

 楊さんは、教科学習以外の部分も大切にしている。「スカーフやドレスを手作りしたり、誕生日ケーキを自分でデザインして作ったりして、生活の中から自然と学ぶということを大切にしている。最近はクリスマスに向けて毎日カウントダウンのクリスマスカードをデザインし、待つ気持ちを英語でカードに書いてもらう」「生活の中にあるものを活かして教育することで、自然に彼女はどんどん自分のキャパが広がっていく。それが重要だと思っている」(楊さん)

 夏には台湾人の楊さんの帰省に同行し、数週間台湾で過ごすという。生活から学ぶスタイルで、絵理ちゃんは、英語、中国語、日本語が話せるようになった。

 佐別当さんは、「日本でしか通用しない人間になってほしくない」と話す。

学校教育法では「保護者は子を小学校に就学させる義務を負う」

 信念に基づいて、絵理ちゃんをさまざまな手法で教育している佐別当夫妻だが、そもそも法律的には学校に行かせない、ということの位置づけはどうなっているのだろうか。

 学校教育法では、「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う」と定められている。子供を小学校に行かせることは親の義務なのだ。

 一方で、今年からは「教育機会確保法」という法律が新たに施行されている。教育機会確保法では「不登校児童生徒が行う多様な学習活動の実情を踏まえ、個々の不登校児童生徒の状況に応じた必要な支援が行われるようにする」ことを基本理念としている。

 今年の3月には文部科学省から自治体などに向け、以下のような通知が出されている。
 「家庭で多くの時間を過ごしている不登校児童生徒についても、社会的自立に向かえるよう、家庭への学習等の支援を行うことや、当該学習等への社会的な理解の促進を図ることは重要である」

 以前よりは、「学校以外の場で学ぶ」ということを選択しやすい環境にはなってきていると言えるだろう。

学校や教委との3ヶ月に及ぶ話し合いの末、今のスタイルに

しかし、学校から今のスタイルがすんなり認められることはなかった。

 「入学式の翌日、うちの娘が学校に行かないといっているので、無理矢理行かせるのではなく、自宅で教える環境を用意してやっていきます、と話をしたが、すぐには認められなかった」(佐別当さん)

 担任や副校長を交えて話し合いが始まった。

 「娘が行きたいといったら、いつでも戻れるようにしたいので、『学校に籍だけ置かせてほしい。週1日や、行きたい科目だけでもいいなら通わせられる。柔軟な対応をしてほしい』と話をしたら、それは出来ないと言われた。学校としては毎日来るか、来ないかのどちらかじゃないと困りますと」(佐別当さん)

 話し合いは平行線をたどり、3ヶ月経った。突破口を開いたのは、文部科学省に勤める友人から、学校だけではなく、教育委員会も含めて話すよう勧められたことだった。

 「7月に、教育委員会の方に今話したような説明をしたら、佐別当さんのところは親がさぼっているのではなくて、家庭で教育環境をつくっているので、学校側が毎日来なさいというのではなく、1日でも行けるような環境をつくるなど柔軟に対応したほうがいいという話をしてくれて、それで2学期から体育だけ行かせてもらいますという話になり、受け入れてもらえた」(佐別当さん)

 週に1回の体育だけの通学。絵理ちゃんはいじめられたりしないのだろうか。

 「友達できたよ」と話す絵理ちゃん。楊さんも「クラスの子はすごく話しかけてくる。週1でも子供たちはすごく自然ですよ」と心配していないようだ。

教委の言い分「週5日来てほしいことには変わりないが、対話が大事」

 今の状況を教育委員会はどうとらえているのか。品川区の教育総合支援センターの大関浩仁センター長に話を聞いた。

 大関センター長は、「学校としては登校を促し続けている最中」だとした上で、「時代の流れの中で、いろいろな考え方が出てきている。無理して通うのではなく、今日は休んでもいい、という家庭も増えているので、不登校の出現率が、品川区でも若干上がってきている」と話す。

 品川区では、区立の適応指導教室を運営しており、「学校に通えない子供の教育機会はそこで確保できると思っている」という。

 「学校に行かせないのは教育機会の均等とはいわない。35人の集団でいろいろと活動して学ぶものがある。それは家庭の中だけでは難しいのではないかと思う」と語る。

 佐別当さんの家の場合、毎週体育に通っており、コミュニケーションも取れているが、「親が学校に通わせない場合、ネグレクトの疑いもある。長期間、子供に会えない場合は無事かどうか、安否確認をしなければならない。児童相談所と連携して動く場合もある」と説明。

 各家庭の考え方を尊重しながらも、「公立学校である以上法令に沿った判断をするしかない。登校しないで家庭教師をつけるような学び方が、正式に国レベルで認められるといったことでもない限り、選択肢の一つとして受け止めるのは難しい状況だ」と話した。

学校には行かずに、自宅で学ぶ「ホームスクール」の実践者を支援する、NPO法人「日本ホームスクール支援協会」(東京)の日野公三理事長は、「協会を立ち上げ、20年近く支援をしているが、教育委員会側から『おたくがそそのかすから、学校に来られないことを正当化する親がいる』などと批判を受けたことがあった。ホームスクールは、学校や教育委員会からは前向きな選択としては受け止められていない現状がある。不登校状態でも、学習が進められる点は評価されながらも、積極的にホームスクールと名乗ると批判を受けるという、二重構造になっている」と指摘する。

 「ただ、多様な学びの確保は必要なことだと思っている。これからの時代、自分の頭で考え、未知の課題に取り組める問題解決力の高い人が求められる。学校だけでは多様な学習ニーズを持つ子供たちに対応することは難しい時代になっているのではないか」と話す。

 協会によると、ホームスクールは米国ではすべての州で法的に認められ、米政府の統計では、全体の2.8%にあたる164万人超(2017年)がホームスクールで学んでいるという。

選択肢の一つとして認めてほしい

 佐別当さんは、今のやり方を貫いて、何を変えたいのか。

 「ホームスクールや、ハイブリッドスクーリングについて、ポジティブな議論がされていないので、学校に合わない人がホームスクールをしていると思われている。教育の選択肢を増やしたいという思いがある。今は変わった人と思われているかもしれないが、いずれはぼくらみたいな選択をする人も増えていってほしい。だから事例として知ってもらいたいし、そういうのもOKなんじゃないかって思ってほしい。最終的には、もう一歩先に進んで、もっと合法的に認めてもらえたらうれしい」

(取材・文/高山千香)
スポンサーサイト





テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース
  1. edit

AN スタイルアップ 脇レースあったか裏起毛パンツ

  1. 2017.12.20(Wed) _14:17:55
  2. ファッション・ブランド

AN スタイルアップ 脇レースあったか裏起毛パンツ
身頃の裏フリース素材にサイドレースをあしらった、細見えあったかパンツです。フリース素材をボンディング加工した、暖かく肌あたりのよい生地を使用。ストレッチが効いており、動きやすくストレスを感じにくい着心地です。前脇のレースが縦のラインを強調し、すっきりと見える視覚効果を演出。フロントファスナーで開閉でき、ファイブポケットが付いた本格仕様のパンツです。

  1. edit

AN 華奢見えメイク!ポンチョ風ニットチュニック

  1. 2017.12.20(Wed) _14:16:48
  2. ファッション・ブランド

AN 華奢見えメイク!ポンチョ風ニットチュニック
ウエストベルトで華奢見えを実現。女性らしいシルエットのポンチョ風ニットをご紹介します。ゆったりとしたサイズ感ながらも、ベルトでウエストを絞ると、程よいゆとりのある女性らしいシルエットに。後ろ身頃は柄編みに、袖と衿はリブにしたデザイン性のある一着です。ふんわりとした暖かみのある糸を使って、着心地を良く。ウエストベルトを外したり、お手持ちのベルトを付けるなど、様々に着こなしていただけます。

  1. edit

AN 1枚で決まる!体型カバーレイヤードチュニック

  1. 2017.12.20(Wed) _14:14:41
  2. ファッション・ブランド

AN 1枚で決まる!体型カバーレイヤードチュニック
1枚でレイヤードスタイルが完成する、オシャレなチュニックです。素材にはブークレ糸を使用。ふわふわ感のある仕上がりは見た目にもあたたかく、女性らしく見せてくれます。ロングカーディガンを羽織ったようなデザインが、縦に流れるラインを作り、スマートなシルエットを演出。首元から自然に落ちるドレープが、気になるお腹やヒップ周りをさりげなくカバーします。付属の共布ウエストベルトを使えば、シルエットをアレンジした着こなしも楽しめます。

  1. edit

AN オシャレに体型カバー美スタイルニットスカート

  1. 2017.12.20(Wed) _14:13:25
  2. ファッション・ブランド

AN オシャレに体型カバー美スタイルニットスカート
美しいスタイルを演出する、ウエストベルトつきのニットスカートです。素材にはふんわり暖かみのある糸を使用し、タイトなシルエットながら楽な着心地に。スカートと同じ糸で編んだウエストベルトを巻けば、気になる腰周りをオシャレにカバーします。前はスッキリ、後ろを長めにした前後差のある丈感で、ふくらはぎを隠して細見えも期待。両裾脇にはスリットも入れて、脚捌きも良く仕上げました。

  1. edit

AN 360度美人なスウェード調タックスカート

  1. 2017.12.20(Wed) _14:12:10
  2. ファッション・ブランド

AN 360度美人なスウェード調タックスカート
たっぷりのフレアで、360度どこから見ても美人なタックスカートです。ストレッチの効いた、柔らかな肌ざわりのスウェード調素材を使用。前と後ろにタックを入れたボリューム感あるデザインながら、落ち感のある生地を使用し綺麗なシルエットに仕上げました。ウエストは総ゴム仕様の楽な穿き心地で、前はギャザーを寄せてないのでトップスをインした姿もスッキリと決まります。

  1. edit

CLEO SUN 袖刺繍チュニック

  1. 2017.12.20(Wed) _14:10:54
  2. ファッション・ブランド

CLEO SUN 袖刺繍チュニック
刺繍使いがエレガントな、カットソー素材のチュニックです。ラウンドネックの襟元にはタックを入れて、お顔周りを柔らかな印象に。袖部分に広めに入れた刺繍が、女性らしい着こなしを演出します。

  1. edit

AN 大人の甘さ漂うスカラップレースプルオーバー

  1. 2017.12.20(Wed) _14:09:37
  2. ファッション・ブランド

AN 大人の甘さ漂うスカラップレースプルオーバー
前後の裾に広幅のスカラップレースを贅沢にあしらった、フェミニンなプルオーバーです。

ハイウエストの位置からレースを施しているので、ウエスト位置を自然に高く見せてくれます。レースの裾部分は透けさせて、重くなりすぎないように配慮しました。衿ぐりはボートネックですっきりと。ふんわりとした柔らかな糸を使い、暖かく着心地の良い仕上がりに。ご自宅で手洗いできるので、気負わずお召しいただけます。


  1. edit

AN 美シルエット吸湿発熱ペプラムプルオーバー

  1. 2017.12.20(Wed) _14:08:22
  2. ファッション・ブランド

AN 美シルエット吸湿発熱ペプラムプルオーバー
身体のラインを美しく見せてくれる、ペプラムラインのプルオーバーです。

肌ざわりよく暖かな、吸湿発熱機能のある裏起毛素材を使用。取り外しできる肩パッド付きで、肩をすっきり綺麗な形に見せてくれます。ウエストにはタックを入れて程よくシャープし、ウエストラインも美しく見えるよう工夫しています。


  1. edit

AN スタイルアップ 脇レース美脚チェックパンツ

  1. 2017.12.20(Wed) _14:07:02
  2. ファッション・ブランド

AN スタイルアップ 脇レース美脚チェックパンツ
チェック柄の身生地にサイドレースをあしらった、美脚パンツです。

表微起毛で暖かみのある、チェック柄のポンチ素材を使用。ストレッチが効いており、動きやすくストレスを感じにくい着心地です。前脇のレースが縦のラインを強調し、すっきりと見える視覚効果を演出。フロントファスナーで開閉でき、ファイブポケットが付いた本格仕様のパンツです。


  1. edit

11  « 2017_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

蒼樹 煉

Author:蒼樹 煉





現在の閲覧者数:






ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

価格.com 自動車保険

楽天西友ネットスーパー

自然派スキンケア・エイジングケアの通販サイト【豆腐の盛田屋】

株式会社ニチレイフーズ

検索フォーム

最新コメント




PAGE
TOP.