FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


カレーの街・神保町の老舗行列店が閉店騒動!? 突如、SNS上に拡散した“悲報”の真相

  1. 2018.02.10(Sat) _11:19:42
  2. ニュース
“カレーの聖地”神保町がザワついている。カレー通の人なら絶句し青ざめたかもしれない。2月6日午後8時頃、ツイッター上に突如、こんな情報が投稿されたのだ。

【悲報】神保町のキッチン南海が立ち退きに

『キッチン南海』といえば、カレーの名店がひしめく神保町にあって連日行列ができる超人気店。デミグラスソースのような黒っぽいルウが食欲をかきたてる『カツカレー』(750円)は店の名物であり、神保町の“ソウルフード”ともいえる定番メニューだ。

この投稿をたどると、『キッチン南海』が立ち退きになるという情報を流したのは神保町である店を営む男性と思われる。立ち退きの理由については『一帯がまとめて再開発されるから(近辺の事情通による)』とツイートしていた。

当然、【悲報】は瞬(またた)く間にツイッター上で拡散されることとなった。

「うそだー! 信じたくない」「悲しー(涙)」「カツカレー美味しかったのに!」「神保町に行く理由がなくなった…」

続々と寄せられたリツイートは1日で3千件近くにまでなり、閉店を惜しむ声が大半だった。

とはいえ、立ち退きを知らせるツイートには閉店案内の張り紙などの証拠画像はなく、ネット検索しても閉店に関する情報は他に1件もヒットしなかった。店からの公式発表もない。そんな不確かな【悲報】が信憑性のある情報として受け止められたのには、まずこんな伏線があった…。

実は、『キッチン南海』の北隣にあるおにぎり店と、真裏にある定食店が昨年12月末に相次いで閉店。中でも、昭和20年から神保町を見守り続けてきたというおにぎり店・店主が筆字で書いた閉店案内の張り紙の画像がネットで拡散。『神保町で骨をうずめたいと思っておりましたが、事情が許さず…』『涙で文字がにじんでしまい…わかってください』といった約500字に及ぶ文面は話題になり、多くのツイッターユーザーが『キッチン南海の隣のおにぎり屋が…』という書き出しでこの情報を伝えた。

かくして、神保町内の再開発の影響で老舗の店が続々と立ち退きに追い込まれ、「次はいよいよキッチン南海も…」と多くの人に受け止められたというわけだ。

何を隠そう、記者も月2で通う『キッチン南海』の常連のひとり。はたして、この情報は本当なのか? 事実だったとして閉店時期はいつになるのだろう。もしや、すでに…?

第一報が流された翌日(2月7日)の夜、店へと向かった。店前に着くと、明かりのある店内ではサラリーマン数名がカウンター席でカレーを食べていた。まだ営業していたことにホッとしつつも、「これで最後…」かもしれないカレーを頬張る客の背中がどこか寂しげに映った。

夜8時の閉店を外で待っていると、会社の同僚らしい中年男性とOLが立ち止まり、店を指さして言葉を交わした。「ココ閉店になるって」「ホントに?」「ツイッターに上がってた」「淋しいなぁ。あと何回食べられるんだろ」「明日、ランチに来よっか…」。

ツイッターの拡散力に驚くとともに、中年男性の声が頭の中でリピート再生された――「あと、何回食べられるんだろ」。1日2食をキッチン南海で、なんて日もあったが、安くてうまいあの“庶民派カレー”が食べられなくなると思うとやっぱり淋しくなる…。

閉店時刻を過ぎて客が出払った頃、複雑な気持ちで店の扉を開けた。

店員「もう閉店なんですよー」

―客じゃないんです。週プレの取材で…。

店員「じゃあ、社長に聞いて。社長、社長~!」

店の奥に目をやると、レジ締めをしていた男性がこちらを凝視している。体は“くの字”に曲がり、かなりの老齢と思われる“好好爺”然としたその風貌。常連客にはおなじみのあの“お爺ちゃん店員”と思いきや、この方が社長だったのか…。

社長「なんでしょ?」

―ツイッターにこちらの店が立ち退きになるという情報が出ていますが…。

社長「ツイッター…何、それ?」

―インターネット上で、この店が閉店になるって情報が流されてまして…。本当ですか?

社長「デマですよ。閉店しないし、そんな予定もない」
店員「今日、何人かお客さんから同じことを聞かれましたよ…」
社長「なんでウチが閉店しなきゃなんないの?」

―なんでも、『再開発』の影響でと。

社長「あぁ、公的なもんじゃなく不動産屋のね。確かにそんな話は前から聞いてますよ。5年前、この区画のオーナーがその不動産屋に変わって、家賃を上げたの。前の大家は坪1万5千円で安くしてくれてたんだけど、『相場並みにする』って5割は上がったかな」

―それで周辺の店舗も立ち退かざるをえなくなったと。

社長「ウチは払えてるけど、家賃の値上げが辛かったらしい。不動産屋もこの辺りの土地を安く買ったんでしょうね。で、古い店に『出て行ってくれ』と条件を出して、立ち退かせれば高く売れるわけでしょ? 儲けは大変なモノ。よくある不動産商売ですよ」

―でも、『キッチン南海』さんは立ち退かないんですね?

社長「ウチは何億積まれてもやめるつもりはありません」

『キッチン南海』の立ち退きは丸っきりデマ! それが事の真相だった。

じゃあ、【悲報】の発信者はなぜ、そんな情報を流したのだろう。神保町で中古書店を営む“発信者の知人”の男性によると、「店から直接知れた情報じゃなく、『飲み屋で他人から聞いた話を投稿してしまった』と言っていました」とのこと。

この時代、デマや誤報はSNS利用者の間で事実として伝わり、大騒動を扇動しかねない。発信する人も受け取る人も、取り扱いには注意すべし!

(取材・文/興山英雄)
スポンサーサイト





テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース
  1. edit

婚活バトンに答えてみました。

  1. 2018.02.10(Sat) _11:18:09
  2. バトン

婚活バトン

Q1 婚活をしたことがありますか?
A1 今は「ペアーズ」で探しています。
Q2 参加してみたい・興味のある婚活は何ですか?
A2 特に無いですね。
Q3 初めてのデートはどこに行きたいですか?
A3 生息する都道府県で、軽く喫茶店ですね。
Q4 結婚したら子供は何人欲しいですか?
A4 年齢的に「体外受精」を希望しているので、2人ですね。
Q5 結婚するならズバリ!どんな相手?
A5 キチンと生活費を入れ、優しくて頼りになる男性ですね。
今年は希望する年齢範囲は30歳~34歳なので、そろそろ年齢的に温かい家庭を持ちたいですね。お互いに自然体で助け合える家庭を持ちたい。ただ、蒼樹はある恐怖症なので「体外受精」希望なんですよね。お金は掛かるけど「うつ」になりたくないから。

では、始動したばかりの「異世界」小説をコツコツと企画・構想・設定しつつ、作成をしていきたいと思います。


テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ
  1. edit

純血バスク豚原木サラミ「ソシソン・アルデュード」 (PIERREOTEIZASAUCISSONDESALDUDES) / 290ml

  1. 2018.02.10(Sat) _11:10:02
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
冬アペロお勧めグルメ!

純血バスク豚原木サラミ「ソシソン・アルデュード」 (PIERREOTEIZASAUCISSONDESALDUDES) / 290ml
初登場以来、入荷の度に完売している「ソシソン・アルデュード」。
幻の純血バスク豚"KINTOA"で造られるフランス産の本格サラミです。

手掛けるのは、バスク豚を絶滅の危機から救ったピエール・オテイザ氏。
稀少なバスク豚を100%使った贅沢なサラミは、
ピレネー山脈の自然を満喫して育った豚のしっとりとした肉質と、迸る旨みが特徴です。

本物を知っている方にこそ食べて頂きたい珠玉の逸品。
ワインをより美味しく楽しむためのお供として、ぜひご堪能ください。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

バジルソース (BASILSAUCE) / 95ml

  1. 2018.02.10(Sat) _11:08:35
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

バジルソース (BASILSAUCE) / 95ml
ラグジュアリーなホテルのこだわりグルメをご自宅で。ハーブの豊かな風味を凝縮した、贅沢なバジルソース。

パーク ハイアット 東京「デリカテッセン」は、
パーク ハイアット 東京が食を通してライフスタイルを提案するショップとして、
2003年6月にオープン。
旬の素材を使用したこだわりのメニュー、レストランでの定番の逸品、
シェフが吟味してセレクトしたオリジナルアイテムや輸入食品を中心にラインナップ。
ホテルならではの上質なテイストをカジュアルに味わえるとして、
国内外の多くのゲストに支持されています。

そんな「デリカテッセン」が誇る多彩なセレクションの中でも、
お料理をアップグレードするシーズニングやソース、
スタイリッシュなキッチングッズなど自宅でのクッキングタイムを豊かに演出する品々は
グルメな方から長く愛されています。

こちらは、農薬不使用で栽培された国産バジルを
ふんだんに使用して作られた香り高いソース。。
パスタのソースとしても、グリルした野菜や魚介に添えても
美味しく召し上がっていただけます。

■原材料:バジル、オリーブオイル、塩、ガーリック
■内容量:95g(総重量:257g)
■保存方法:直射日光、高温多湿をさけ常温にて保存してください。
■賞味期限:製造から12ヶ月(2019年1月4日)

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2014 レ・ゾー・ド・マルテ (LESHAUTSDEMARTET) / 赤ワイン 750ml

  1. 2018.02.10(Sat) _11:06:58
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

2014 レ・ゾー・ド・マルテ (LESHAUTSDEMARTET) / 赤ワイン 750ml
13世紀の修道院に起源を持つ歴史あるシャトー。
丹念に手摘みされたメルロ100%で仕立てられる、
コクのある、フルボディの味わい。


シャトー・マルテは、ボルドー地方の中でも最も東に位置するAOC、
サント・フォワ・ボルドーのシャトー。

サント・フォワ・ボルドーは、歴史あるワイン産地です。
AOC名の由来となっている、サント・フォワ・ラ・グラント村は、
1255年に気づかれた城塞都市で、宗教戦争時代は新教派の拠点となりました。
村には今も15世紀の城壁が残っています。
AOCに指定された地区はドルドーニュ川左岸に位置し、
ブドウ畑は比較的標高のある丘陵地や大地に広がっています。
粘土石灰質の土壌のため、メルロの栽培に適しているとされ、
植えられるブドウは8割が赤ワイン用ブドウです。

シャトー・マルテは13世紀に建立された修道院に起源を持つ、
歴史あるシャトーです。
1991年に現所有者によって買収され、
ローマ時代から続く伝統を今も守る一方、
2006年には自然農法の資格を取得しています。

約25ヘクタールのブドウ園はサント・フォワ・ラ・グラント村のすぐ近く、
ドルドーニュ川を見下ろす、海抜100メートルの丘陵に位置します。
粘土石灰質の土壌には主としてメルロが植えられています。

こちらのレ・ゾー・ド・マルテは、メルロ100%で仕立てられる赤ワイン。
平均樹齢10年のブドウは手摘みで丁寧に収穫され、
温度制御された樽で発酵します。
その後は18か月間の樽熟成を経て、瓶詰、リリースされます。

残り1本です!!

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

VDTル・プティ・ヴァン・ダヴリル・ブラン (VDTLEPETITVIND`AVRILBLANC) / 白ワイン 750ml

  1. 2018.02.10(Sat) _11:05:00
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

VDTル・プティ・ヴァン・ダヴリル・ブラン (VDTLEPETITVIND`AVRILBLANC) / 白ワイン 750ml
“シャトーヌフ・デュ・パプ最高の造り手”クロ・デ・パプ。
オーナーの家庭用として造られていた、秘蔵のワイン。
非常にバランスがよく、エレガントな仕上がり。


かつて、ワインスペクテーター誌が選ぶ、年間TOPワイン100本において、
世界第一位に輝いたことがあるクロ・デ・パプ。
シャトーヌフ・デュ・パプ・ブランも第10位に選ばれるなど、赤・白共に高評価を獲得。
2012年のシャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュも第7位に選ばれており、
現在も“シャトーヌフ・デュ・パプ最高の造り手”として高く評価されています。

シャトーヌフ・デュ・パプは、南フランス・ローヌ地方で、最も古い歴史をもち、
南フランスの銘酒としても古くから広く知られていた偉大なるワインです。
そのシャトーヌフ・デュ・パプの中でも 最高の畑とされるのが
「クロ・デ・パプ(教皇の区画)」です。

この畑を持つワイナリー、クロ・デ・パプは、
現在ポール・アヴリル氏がワイン造りを行っています。

ちなみに彼らのシャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュが
どれだけ凄いかというと、

☆2005年ヴィンテージ…ワインスペクテーター誌の年間第一位!
☆2006年ヴィンテージ…パーカーポイント98点!
☆2007年ヴィンテージ…パーカーポイント99+点!
☆2010年ヴィンテージ…パーカーポイント99点!


またルージュより生産量が少なく、
希少価値の高いシャトーヌフ・デュ・パプ・ブランは、

☆2009年ヴィンテージ…パーカーポイント94点!
☆2012年ヴィンテージ…パーカーポイント94点!
☆2013年ヴィンテージ…パーカーポイント94点!


と、軒並み高評価を得ています。

クロ・デ・パプが「世界一」の栄誉に輝く少し前の2006年、
エノテカのバイヤーが現地フランスでクロ・デ・パプに出会い、
「どうしてもこのワインをエノテカで販売したい」と熱望して
ポール・アヴリルとの取引が始まりました。
このプティ・ヴァン・ダブリルは、シャトーヌフ・デュ・パプになるべくして
造られたワインのうち、 最終的なブレンドで僅かに残ったキュヴェや
若樹から収穫されたブドウで造られたワインをブレンドして造られています。
若樹が含まれるといってもブラン用のブドウ樹の樹齢は平均すると20年程。
手摘みで収穫されたブドウを使用し、シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン同様、
木樽による熟成を行わず、フレッシュな味わいに仕上げています。
AOCはヴァン・ド・タ―ブルになるため、ヴィンテージ表記はありません。

ラベルには、プティ・ヴァンの名前の通り小さなブドウの木が描かれています。
徹底した品質主義を貫く彼は、若樹から収穫されたブドウを
シャトーヌフ・デュ・パプとしてリリースすることはありませんが、
造ったワインを少しでも多くのお客さんのもとへ届けたい、
そんなポール・アヴリル氏の想いでこのプティ・ヴァン・ダブリルは
リリースされています。

もともとはポール・アヴリル氏の家庭用ワインとして造られていた
秘蔵のワイン のため、残念ながら生産量は少なく、日本ではもちろん
世界的にも流通している量は僅かのため、知る人ぞ知る貴重なワイン。
しかし、熱い想いを共有しているエノテカだからと毎年、少量ずつ、
入荷できる稀少なワインです。

「最高のものにしか興味がない」と言い切るポール・アヴリル氏の
徹底した品質主義と、ブドウへの愛情ゆえに出来あがったこの貴重なワイン。
手に入れておいて損はない、価値ある1本です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

コント・ド・ブリモンプルミエ・クリュブリュット (COMTEDEBRIMONT1ERCRUBRUT) / スパークリングワイン 750ml

  1. 2018.02.10(Sat) _11:02:16
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

コント・ド・ブリモンプルミエ・クリュブリュット (COMTEDEBRIMONT1ERCRUBRUT) / スパークリングワイン 750ml
日本航空国内線ファーストクラス搭載ワイン!
揺るぎなきこだわりをもつ小規模メゾンが手掛ける、
特級畑と一級畑の上質なブドウが生む、フレッシュな果実味とふくよかなボディ。


コント・ド・ブリモンは、シャンパーニュ随一の銘醸地であるモンターニュ・ド・ランスに本拠地を置く小規模メゾン。

その歴史は1890年に初代当主のルイ・フォルジェ氏がぶどう畑を購入し、RMメゾンを設立したことにより始まります。そのブドウ畑やワイナリーは長男が引き継ぎ、1978年にフォルジェ家6代目にあたるミシェル・フォルジェ氏が自身で新たに自社畑を購入し、コント・ド・ブリモンを設立しました。

コント・ド・ブリモンでは、より良いシャンパーニュを造り出す為、「良いブドウ」を育てることに最大限に注力しています。現在では、モンターニュ・ド・ランスの中でも上質なブドウを生む地として名高いマイィとヴェルズネイに計10haのグラン・クリュ、9haのプルミエ・クリュ、さらにアヴィズ、メニル・シュル・オジェ、オジェと、優れたテロワールの13ha相当の畑も所有しています。
そんな彼らの「良いブドウ」へのこだわりは、グラン・クリュを10ha所有しているにも関わらず、プレステージ・キュヴェを造らず、他のプルミエ・クリュと混ぜて全体の品質を上げていることからも伺えます。

ブドウの栽培においては、リュット・レゾネ農法(減農薬農法)を採用。害虫駆除にはフェロモンを使用する他、土壌には有機肥料が散布され、環境に配慮すると共にブドウ樹を強く保つことで、質の安定したブドウを収穫しています。

また、ミシェル・フォルジュ氏は、ブドウ栽培やワイン造りだけでなく、「全て自分の手で手掛ける」という信念を持ち、ワイナリー施設内の様々なものを手作りしています。ワイナリーのセラーも自ら白亜質の岩を掘り込んで作った手製のチョークセラー。地下13mの深さにあり、年間を通して室温10℃に保たれているため、ワインを保管・熟成させるには最高の条件が整っています。 何もか
自分で作り上げることで、シャンパーニュを低コスト抑えるとともに、品質を向上させているのです。

上質なシャンパーニュを造る為、自身の労力を費やすことを惜しまないミシェル氏。広告への露出は一切せず品質のみで勝負する真摯な姿勢が生む上質な味わいは専門家に注目され、過去にもワイン・スペクテイター誌91点、ワイン・アドヴォケイト90点、インターナショナル・ワインチャレンジ銀賞等と数々の高評価を獲得。2017年にはJALファーストクラスの機内シャンパーニュに採用され、高いコストパフォーマンスを証明しています。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2014 ヴィオニエマウント・ハーラン (VIOGNIERMT. HARLAN) / 白ワイン 750ml

  1. 2018.02.10(Sat) _11:00:03
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

2014 ヴィオニエマウント・ハーラン (VIOGNIERMT. HARLAN) / 白ワイン 750ml
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と称され不動の人気を誇るカレラ。

一時幻のワインとまで言われ、市場から姿を消したカレラのワインです。
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と称され、今でも世界的に人気を博しています。

2003年ロバート・パーカー氏がカレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というタイトルで記事を書き、
その中で、 カレラはニューワールドだけでなく、
地球上で最も賞賛できるピノ・ノワールのスペシャリスト
と大絶賛したことで、その人気を不動のものにしています。

カレラがカリフォルニアのロマネ・コンティと呼ばれているのには理由があります。
ジョシュ・ジェンセン氏はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、
ブルゴーニュを代表する造り手のドメーヌ・デュジャックでワインについて学びました。

そして母国アメリカで、ブルゴーニュのようなの個性を持ち合わせたワインを造るべく 、
2年間アメリカ中を歩き回り、ロマネ・コンティに近い土地を探し続けました。
そして遂に見つけたのが、マウント・ハーランの地。
そこにロマネ・コンティから持ち帰ったワインの樹を植樹し、ワイン造りを開始しました。

「ロマネ・コンティと同じDNAを持ち、似たような土地で、ロマネ・コンティで学んだ知識を活かして、
ロマネ・コンティを目標にワインを造る。」
こうしたことから「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれているのです。

1970年当時、カリフォルニアで最高のピノ・ノワールを造るなど、
誰もが不可能だと笑うほど困難なことへの挑戦でした。
そうした中、ジョシュ・ジェンセン氏はひたすら可能性を信じ、改良に改良を重ね、様々な技術を取り入れ、
遂にはロマネ・コンティに比肩するとまで言われるワイン造りに成功しました。

その品質を裏付けるように、ニューヨークタイムス紙が企画したブラインド・テストで
ロマネ・コンティ社の造るリシューブルなど、そうそうたる顔ぶれのワインを見事打ち破りました。
カベルネに比べてピノ・ノワールの発展が遅かったカリフォルニアで、1980年〜1989年の間、
ロバート・パーカー氏が90点以上を付けたピノ・ノワールはたった10本しか存在しません。
実はその10本しかないワインの中で、7本がカレラのピノ・ノワールでした。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

VDTル・プティ・ヴァン・ダヴリル・ルージュ (VDTLEPETITVIND`AVRILROUGE) / 赤ワイン 750ml

  1. 2018.02.10(Sat) _10:58:22
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

VDTル・プティ・ヴァン・ダヴリル・ルージュ (VDTLEPETITVIND`AVRILROUGE) / 赤ワイン 750ml
“シャトーヌフ・デュ・パプ最高の造り手”クロ・デ・パプ。
オーナーの家庭用として造られていた、秘蔵のワイン。
煮詰めたような濃い果実味がじゅわっと広がる赤ワイン。


南フランス、ローヌ地方の中で一番の知名度を誇るアペラシオン「シャトーヌフ・デュ・パプ」。その中でも、最高の畑とされるのが「クロ・デ・パプ(教皇の区画)」。この畑でワイン造りを行っているのが、17世紀よりシャトーヌフ・デュ・パプの造り手として名を馳せる名門アヴリル家です。現当主であるポール・アヴリル氏はブルゴーニュで醸造を学んだ後、シャトー・ムートン・ロスチャイルドやオーストリアのワイナリーで修行を積んだ経験の持ち主で、「最高のものにしか興味がない」と断言し、徹底した品質主義を貫いています。

彼らの手掛けるシャトーヌフ・デュ・パプは大統領官邸エリゼ宮のワインに採用されるほどの品質を誇り、その実力の高さを証明するかのように2005年シャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュがワインスペクテーター誌が選ぶTOPワイン100本で2007年に第1位、2012年に第7位と二度もベスト10にランクイン。そしてルージュのみならずシャトーヌフ・デュ・パプ・ブランも2010年に第10位を獲得しており、アヴリル氏が世界最高峰の造り手であることは疑いようのない事実となっているのです。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

1990 シャトー・ボイド・カントナック (CH. BOYDCANTENAC) / 赤ワイン 750ml

  1. 2018.02.10(Sat) _10:56:41
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒

1990 シャトー・ボイド・カントナック (CH. BOYDCANTENAC) / 赤ワイン 750ml
『神の雫』に登場したことでも人気。
マルゴーのスタイルを守り続ける、安定した品質のシャトー。


メドック格付け 第三級

シャトー・ボイド・カントナックは1754年にアイルランド出身の羊毛商人であった
ジャック・ボイド氏によって創設されたシャトー。
現在はシャトー・プージェと同じ所有者により運営されています。
一時期は品質が非常に低迷したこともありましたが、
「ボルドーの父」と呼ばれるペイノー博士の指導により、
果実味の心地良い、クリーンでなめらかなワインに生まれ変わりました。

日本では、2001年ヴィンテージが、漫画『神の雫』に登場し大ブレイク。
「仮面舞踏会の情景が浮かんでくるような」ワインとして紹介されました。
登場した2001年は、ボルドー全体にすると評価はそれほど高くないヴィンテージですが、
評判が高くないヴィンテージに真価を発揮するのがボイド・カントナック。
ヴィンテージに左右されることなく、安定したワインを生産しています。

ボイド・カントナックは、
「現在のトレンドである口当たりの良い、短命なワインのスタイルには迎合せず、
伝統的な本物のマルゴーを造りつづけている」のが特徴。
確かに、滑らかで重みのあるテイストが、
上質なタンニンと酸によってしっかりと支えられています。

残り1本です!!

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

蒼樹 煉

Author:蒼樹 煉





現在の閲覧者数:






ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

価格.com 自動車保険

楽天西友ネットスーパー

自然派スキンケア・エイジングケアの通販サイト【豆腐の盛田屋】

株式会社ニチレイフーズ

検索フォーム

最新コメント




PAGE
TOP.