FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


苦手

  1. 2018.02.16(Fri) _14:56:02
  2. 日常
Yahoo!及びペアーズで今現在、大事な人を探している最中の蒼樹です。そろそろ年齢的に落ち着きたい事と共に温かい家庭を持ちたいと思っているのですが、なかなか見付かりません( 一一)

趣味や好きな事に一致するが、とある事に合わなくなる方が物凄く今は多いです。趣味や好きな事は大事ですが、それ以上のある問題です。

中でも「食べ物」に関する好き嫌い及び食わず嫌いです。何よりも生活を歩む上で食べ物の好き嫌い及び食わず嫌いの多い人とは一緒になりたく無いですね。有っても食べる人が理想です。アレ嫌い!ソレ嫌い!コレ嫌い!とアレコレと嫌いだから食べ無いとか食べた事が無い物は全部嫌い、魚は臭いから嫌い、カレーに玉葱入っているだけで嫌い等などと言う人って何かと女性よりも男性の方が多いような気がします( ̄ー ̄)

個人的に好き嫌い及び食わず嫌いは、子供っぽい+恥ずかしい+マナー悪い+我儘+作ってくれた相手に失礼+毎日の献立が非常に面倒臭いんですよね。折角と作っても嫌いだから嫌だと言う人って贅沢三昧の育ちの子供か!と思ってしまいます。

蒼樹は確かに嫌いな食べ物は有るけど、まだ常識範囲内だと思っています。今は嫌いな食べ物は、練り物やラッキョウ、ソーセージやハム、しめ鯖に醤油や塩を付ける、アボカド以外の果物入りのおかず系で例えばですが、パイナップル入りの酢豚とかリンゴ入りのポテトサラダ、生ハムメロンは特に苦手ですね。何かとしんどいから。後はとんでもなくえげつない物です。アイスにラー油とかケーキにウスターソース等を掛けるというのは無理です。

で、蒼樹の嫌いな食べ物を伝えると、蒼樹の方が子供っぽいと言われる始末なんですよね。カレーもバーモントカレーとかジャワカレーは苦手で、ゴールデンカレーとか二段熟カレー等のカレールーは平気です。何かとハチミツや砂糖の味が強い糖分過多の食べ物とか塩分過多の食べ物は、苦手だから(一一")

では、そろそろ年齢的にお互いに自然体で助け合えるような大事な人を見付けたいが、なかなか見付からない今日この頃でした。

スポンサーサイト





テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ
  1. edit

冬の「睡眠負債」を侮るな!着込み過ぎや温め過ぎは逆効果

  1. 2018.02.16(Fri) _14:43:39
  2. ニュース
“眠りが浅くなる季節”といえば夏の熱帯夜をイメージしがちだが、じつは寒さが厳しい真冬も、熟睡を妨げてしまう要素であふれているという。冬と睡眠の関係や、快眠法について上級睡眠改善インストラクターの安達直美氏に詳しく聞いた。(清談社 真島加代)

● 夏だけではなかった! 冬も眠りの質が低下する理由

 日中のパフォーマンス向上や、疲労回復に欠かせない「睡眠」。熱帯夜が続く夏は睡眠への関心が高まる季節だが、実は、寒さが厳しい冬も睡眠の質が下がりやすい時期だという。

 「夏の熱帯夜ほどではありませんが、冬は日中の活動量が減ること、気温の低さ、日照時間の短さの3つの環境要因によって、眠りの質が下がりやすくなります。一般的に冬は睡眠時間が長くなる傾向がありますが、低下した睡眠の質を時間で補っている、とも考えられているのです」

 こう話すのは、『美人をつくる「眠り」のレッスン』著者で上級睡眠改善インストラクターの安達直美さん。

 「1つめは『活動量の減少』。眠りに就く前の3時間以内に過度な運動をすると睡眠の妨げになりますが、適度な運動による疲れは深い眠りに必要です。寒さを理由に体をあまり動かさないと、眠りの質が低下する可能性が高いのです」

 寒さにかまけて運動しないのは考えもの。デスクワークの人ならば、帰宅時にひと駅分歩く程度の軽い運動を心がける必要がありそうだ。

 そして2つ目の理由、「気温の低さ」は、寝つきを悪くする原因になるという。

 「人の脳と体は深部の温度を下げることで、眠りに就き休息モードに入ります。その際、手のひらや足の裏の血管を通して熱を外に出す“放熱”をおこなうのですが、冷えによって皮膚の温度が下がると足裏などの末端の血行が悪くなり、放熱がうまくいかなくなります。すると、体の深部体温を下げることができず、寝つきの悪さや眠りの浅さにつながってしまうのです」

 じつは、真夏の熱帯夜も外気温が高すぎるゆえに深部体温が下がらず、眠りにくさを招いている。夏の寝苦しさと冬の眠りが浅い原因は同じなのだ。

 そして3つめの理由である「日照時間の短さ」は朝の目覚めに影響している。起床時間に太陽の光を浴びることができればスムーズに目覚めることができるが、日の出が遅い冬の朝は光の刺激を受けにくくなる。

 「冬の場合は、日の出が遅いので起床時間に十分な太陽の光を浴びられない人もいると思います。起きたときに光刺激が不足すると、睡眠の維持を助けるメラトニンの分泌が抑制されず、寝覚めが悪くなってしまうのです」

 質のよい睡眠がとれた朝は、眠気を感じずスッキリと目覚められる。スムーズな入眠から心地よい深い眠り、さわやかに目覚めるまでが“快眠の条件”だ。

● 重ね着のしすぎも靴下もダメ! 冬の夜にやりがちなNG行為とは

 眠りを妨害する3要素の中でも、もっとも睡眠に悪影響を及ぼすのは「気温の低さ」。手足が冷えることで血行不良を招いているが、やみくもに温めればよいというわけではないという。

 「冬場はお風呂上がりにピッタリとした靴下を履いてポカポカさせたまま布団に入る、という冷え症の人もいますが、これはNG。眠る直前に手足を温めることは手のひらや足裏からの放熱を助けますが、いざ眠りに就こうとするときに靴下で足を覆い、体温が下がりはじめる前に布団に入ると、熱がこもってしまい体の熱がうまく放散できなくなってしまうのです」

 実は冬でも、体温が下がらないと寝つきはよくならないのだとか。冷えが気になっても、足は温めすぎないほうがいい。どうしても靴下がないとダメという人には、眠っている間に自然と脱げる、“ゆるい靴下”がおすすめだ。

 「電気アンカや電気毛布、湯たんぽなどによる“布団の中の温めすぎ”も逆効果です。布団の中の適切な温度は32度前後。それを超えると体温が下がらず、眠りの妨げになりかねません。布団の中は、入った瞬間に寒すぎない温度にしておけばOKです」

 布団に入れば自分の体温で温度も上がるため暖房器具も必要ない。寒さに怯えて、布団を温めすぎている人は要注意だ。

 冬の寝具として望ましくないアイテムはほかにもある、と安達氏。

 「睡眠時、人は一晩で20~30回寝返りを打ちます。そのため楽に寝返りが打てる寝具選びも、快眠を得るための条件です。しかし、寒いからといって寝返りが打てないほどの重くて厚い綿の掛け布団で寝たり、寝間着を何枚も重ねて着たりすると、寝返りを妨げる原因になってしまいます」

 前述したように、体から熱を逃がすことが快眠には必須。その意味でも、厚着や重い布団はNGだ。このように、良かれと思ってしていたことが、裏目に出ている可能性が高いのだ。


● 冬の眠りを快適にする おすすめ寝具とは

 真冬だからといって、寝具や寝間着で武装しすぎては逆効果になりうる。それでは、冬の眠りを快適にするにはどのような寝具を選ぶべきだろうか?アイテム別におすすめのものを聞いた。

 <掛け布団>
 寝返りを打ちやすくするためにも、できるだけ軽く保温性に優れたものがいい。それらの条件に合うのが、羽毛の掛け布団だ。羽毛布団の中でもダウンの混合率が高いほど、保温性も高くなるとのこと。

 「肌に接するカバーは体と布団の間にすき間ができない、しっとりとした素材がおすすめです。本来ならば羽毛布団のみで十分温かいのですが、不安な方は毛布を使ってください。ただし、毛布を使用する際は、重ねる順番に注意。体→毛布→布団の順に重ねるのが一般的ですが、本来羽毛布団と毛布の重ねる順番は逆です。体→羽毛布団→毛布と、一番外側に毛布を重ねたほうが保温効果が高まりますよ」

 <敷き布団カバー>
 布団の中の温めすぎは要注意だが、冷たい布団も目が冴えてしまい、入眠を妨げる。そんなときは、敷布団カバーの素材を変えてみるのも一案だ。

 「いつも使用している敷布団の上にムートンなどの獣毛素材のベッドパッドやコットンなど天然素材の起毛したシーツをかけると、ひんやり感が軽減されて体温だけで布団が十分温まります。また、獣毛素材は吸湿性に優れているので、寝汗をかいてもベタつかず快適に眠れます。この時期はとくにおすすめですね」

 <パジャマ>
 直接肌に接するアイテムにもかかわらず、パジャマにこだわっていないという人も多いはず。しかし、スウェットなどの部屋着類で眠るのは感心しない、と安達氏。

 「本来スウェットはパジャマ向きに作られておらず、あくまで部屋着。特に、ウエストや足首のゴムによる締め付けは、熟睡を妨げる原因にもなります。その点では、パジャマは締め付けもゆるく、寝心地の良さを追求して作られているので安心して着られます。おすすめは天然素材のパジャマ。化学繊維に比べて静電気が発生しにくく、肌が弱い人でも快適な着用感がありますよ」

 寝間着は1日のうちで長時間着るもの。“洋服”の一部として特別なものを身に着ければ、眠りの楽しみがひとつ増えるとのこと。

 最後に、安達氏は「寝具やパジャマ、そして睡眠そのものにもっと関心を持ってほしい」と語った。

 「寝室の環境や寝具を変えるだけで、質のいい眠りを得られる可能性があります。もし日々の眠りに満足していないようであれば、少しでもいい眠りを目指して環境や寝具を見直してみましょう。日中のパフォーマンスの向上や、精神状態の安定など、快眠によって得られるものは人それぞれですが、それらは人生を豊かにしてくれるはずですよ」

 夏の暑さに比べれば冬の場合、環境を変えるのは簡単だ。少しの工夫が、あなたの睡眠を大きく変えてくれるかもしれない。
.
真島加代


テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース
  1. edit

2017 モンテス・シェラブ・ロゼ(スクリューキャップ) (MONTESCHERUBROSE(SCREWCAP)) / ロゼワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:40:01
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
チリが誇る、プレミアムワイナリーが手掛ける、
シラーの個性が生きた魅惑のロゼ。
濃密なアロマとジューシーな果実味。


2017 モンテス・シェラブ・ロゼ(スクリューキャップ) (MONTESCHERUBROSE(SCREWCAP)) / ロゼワイン 750ml
今話題の商品や、旅行、グルメなど、幅広くテーマを取り上げ、独自の切り口でランキングする「NIKKEIプラス1」の"何でもランキング"。毎回、読者の好奇心を刺激するそのテーマに、上位にランクインした商品は必ずといっていいほどヒットする人気の企画です。 今回、その3月11日(土)のランキングテーマ「桜色のワイン 花見のお供に」において、エノテカのワインが見事、第4位にランクインいたしました。 数あるワインショップの、星の数程あるワインの中から、ワインのプロによって選ばれたエノテカが誇る秀逸なロゼワイン!ぜひこの機会にお楽しみください。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2014 マーフィー・グッド・シャルドネ(スクリューキャップ) (MURPHYGOODECHARDONNAY(SCREWCAP)) / 白ワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:38:43
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
全米で支持され続ける、ジャクソン・ファミリー・エステート。
誠実なこだわりを守り続ける彼らならではの、絶妙なバランス。
心地よい樽香と柔らかなコクが楽しめる、シャルドネ。


2014 マーフィー・グッド・シャルドネ(スクリューキャップ) (MURPHYGOODECHARDONNAY(SCREWCAP)) / 白ワイン 750ml
「世界で最上のワインメーカーになること」をヴィジョンに掲げ、世界60ケ国以上にワインを輸出しているアメリカ最大手のビッグ・カンパニー、ジャクソン・ファミリー・エステート。世界でも最大規模のワイナリー、ケンダル・ジャクソンを筆頭に多数のワイナリーを所有しています。

ジャクソン・ファミリー・エステートの中でも比較的最近加わったワイナリーがマーフィー・グッドです。1985年、ティム・マーフィー氏、デイル・グッド氏、デイヴ・レディー氏の3人によってカリフォルニア州ソノマ郡に設立されました。ティム・マーフィー氏は、ワイヤー仕立て、広範囲にわたる点滴灌漑、除葉など、カリフォルニアの乾燥した天候を補うための高度な灌漑テクニックを駆使して成功を収め、アレキサンダー・ヴァレーでのワイン造りの先駆者として知られた人物。現在では創設者の1人であるデイヴ・レディーの息子にあたるデイヴ・レディー・ジュニアが醸造を引き継いでいます。

彼らがワイナリーを構えるノース・コースト、ソノマ・カウンティは1800年代よりワイン造りの記録が残るカリフォルニアの歴史的なワイン産地です。大小の谷や丘陵地帯、火山性土壌など様々な条件を持つ地形が広がり、さらに海からの冷たい風が生み出す冷涼な気候から、高品質なシャルドネやピノ・ノワールが造られています。

マーフィー・グッドが目指すのは、美味しいワイン、愉快な時間、楽しい友人たち、それらが詰まった素晴らしい人生="Goode" Lifeを理想としたワイン造り。気取ったコース料理ではなく、気軽に楽しめるフライ、サンドイッチやハンバーガーなどと合わせ、友人や家族とスポーツ観戦しながら飲めるようなワインを造っています。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

ペリエ・ジュエフラワー・スプレイ[ボックス付] (PERRIERJOUETFLOWERSPRAY[BOX]) / スパークリングワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:37:03
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
ペリエ・ジュエの代表格、
様々な果実味を感じるいきいきとしたシャンパーニュ。
フローラルでスタイリッシュ、ダイヤモンドのような輝き。


ペリエ・ジュエフラワー・スプレイ[ボックス付] (PERRIERJOUETFLOWERSPRAY[BOX]) / スパークリングワイン 750ml
1811年、シャンパーニュ地方エペルネ市に創設された「ペリエ・ジュエ」。
ピエール・ニコラ・マリー・ペリエと、その妻アデル・ジュエによって、
丁寧につくられた芸術的なシャンパーニュは、たちまち評判になりました。

1902年には、 現在はペリエ・ジュエのシンボルとなっている、
アネモネの花のボトルが誕生。
ペリエ・ジュエの3代目社長、アンリ・ガリス氏が生きた19世紀前半は、
「ベル・エポック(美しき優雅な時代)」と呼ばれる、パリの最も華やかな時代でした。
それは同時に、良質な芸術性が求められたアール・ヌーヴォーの時代でもありました。
そんな中、ガリス氏は友人であったアール・ヌーヴォーの巨匠、
エミール・ガレにボトルデザインを依頼したのです。

その後、第一次世界大戦の混乱の中、長い眠りについていたそのボトルは、
当時のセラーマスターであるアンドレ・パブレによって発見。
シャルドネを主体としたプレスティージュ・キュヴェ
「ベル・エポック」として復活を遂げました。

創設当時からヴィクトリア女王、ナポレオン三世といった各国の王族や、
グレース・ケリーをはじめとする世界中のセレブリティたちにも愛されてきたペリエ・ジュエ。

その200年の華々しい歴史をいまに受け継ぐのが、
7代目セラー・マスターであるエルヴェ・デシャン氏。
ペリエ・ジュエの精神である、「革新をつくり続ける」という伝統を
守りながら、世界中から支持を得るシャンパーニュを造っています。

フラワー・スプレーはオランダ人プロダクトデザイナー、トード・ボーンチュ氏が
特製の箱を手掛けたコラボレーション作品。
アール・ヌーヴォーの芸術家エミール・ガレが
ペリエ ジュエのボトルに描いたアネモネの花と、
メゾンの自然への敬意からインスピレーションを受けて製作されました。
また日本においては、エミール・ガレの企画展示の際にも振る舞われました。
この限定ボックスには、シャンパーニュを飲み頃な温度に保ちながら
持ち運ぶことができる保冷機能がついています。
贈り物やパーティーなど、さまざまな場面を彩るシャンパーニュです。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2009 ポル・ロジェブラン・ド・ブラン・ヴィンテージ[ボックス付] (POLROGERBLANCDEBLANCSVINTAGE[BOX]) / スパークリングワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:35:22
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
英国王室やチャーチル元首相に愛される、
格式高いシャンパーニュ・メゾン。
シャルドネ100%で造る、上品かつ複雑味のある味わい。


2009 ポル・ロジェブラン・ド・ブラン・ヴィンテージ[ボックス付] (POLROGERBLANCDEBLANCSVINTAGE[BOX]) / スパークリングワイン 750ml
ポル・ロジェ社は1849年に設立された家族経営のシャンパーニュ・ハウス。

「気品と優美」を哲学とし、格調高いシャンパーニュを造り続けています。  
木樽を一切使用せずステンレス・タンクで発酵させることによって、
ブドウ本来の繊細な味わいを引き出します。
また、ルミュアージュを重視し、今でも職人によって手作業で行う数少ないハウスです。

その確かな品質と味わいは、 元イギリス首相チャーチル氏を虜にしたことでも有名。
彼は自分のお気に入りの競走馬に「ポル・ロジェ」の名をつけ、その名を全世界に広めました。
また、 2004年には英国王室御用達に任命されるなど、
国際的に高い評価を得ています。

シャンパーニュ造りの神髄とされる、いつも変わることないバランス良いブレンド。
それこそがポル・ロジェのシャンパーニュが世界で愛される理由です。

こちらはポル・ロジェが造るヴィンテージ・ブラン・ド・ブラン。
シャンパーニュの中でも優れたシャルドネの産地である、
クラマン、アヴィズ、オジェをはじめとしたグラン・クリュのブドウを用いた、
贅沢な造りのシャンパーニュです。
発酵から熟成まで、低温で時間をかけて造っているのが特徴で、
セラーでの熟成期間は7年もの長期に及びます。
丁寧に時間をかけて造られたそのシャンパーニュは、
輝かしい金の色合い、持続性のある美泡、フィネスのある芸術品です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

モンテス・シェラブ・ロゼ(スクリューキャップ) (MONTESCHERUBROSE(SCREWCAP)) / 日経何でもランキング,サクラアワード2017 ロゼワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:33:35
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
チリが誇る、プレミアムワイナリーが手掛ける、
シラーの個性が生きた魅惑のロゼ。
濃密なアロマとジューシーな果実味。


モンテス・シェラブ・ロゼ(スクリューキャップ) (MONTESCHERUBROSE(SCREWCAP)) / 日経何でもランキング,サクラアワード2017 ロゼワイン 750ml
今話題の商品や、旅行、グルメなど、幅広くテーマを取り上げ、独自の切り口でランキングする「NIKKEIプラス1」の"何でもランキング"。毎回、読者の好奇心を刺激するそのテーマに、上位にランクインした商品は必ずといっていいほどヒットする人気の企画です。 今回、その3月11日(土)のランキングテーマ「桜色のワイン 花見のお供に」において、エノテカのワインが見事、第4位にランクインいたしました。 数あるワインショップの、星の数程あるワインの中から、ワインのプロによって選ばれたエノテカが誇る秀逸なロゼワイン!ぜひこの機会にお楽しみください。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

ヴェルデオ (VERDEO) / ベルデオ 白ワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:32:20
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
生き生きとしたアロマが香る、
ヴェルデホ種の魅力を最大限活かした
フレッシュな味わいの白ワイン。


ヴェルデオ (VERDEO) / ベルデオ 白ワイン 750ml
スペインのバルセロナの近郊、ペネデス地方でワインを造り続けて
140年以上という長い歴史を持つワイナリー、トーレス。
その長年の経験を土台とし、1960年代から国際品種のワイン造りや
ステンレスタンクの使用など、積極的に革新的なワイン・メイキングも採用し、
スペインワイン界のリーダーとして世界中のワインラヴァーから称賛を得ています。

1979年には、フランスの権威あるレストランガイド、
ゴーミヨ誌主催でパリで開催されたワイン・オリンピックにおいて、
グラン・コロナス・ブラックラベル1970年ヴィンテージ(現マス・ラ・プラナ)が、
ボルドーのメドック格付け第一級シャトー・ラトゥールやシャトー・オー・ブリオンを
超える評価を獲得し、世界の注目を集めました。
2002年には世界的に権威あるデキャンタ誌にて
当主ミゲル・トーレス氏が「マン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
更に2006年にはワイン・エンスージアスト誌にて
ヨーロッパ最高のワイナリーに選出されたという、
まさにスペインワインを代表する輝かしい実績を有しています。

現在では、カタルーニャをはじめ、リオハ、リベラ・デル・ドゥエロ、
リアス・バイシャス、ルエダなどスペインの主要産地を網羅し、
トーレスの定番である、牛のマスコットでおなじみの「サングレ・デ・トロ」から、
前述の通りボルドー一級シャトーを超えたカベルネ・ソーヴィニヨン、「マス・ラ・プラナ」まで、
スペイン各地においてブドウ品種と土地の個性を最大限にひき出した
高品質なワインを生み出しています。
同時にワインを生み出す環境、人に優しいワイン造りを目指し日夜研究に励んでいます。

活躍の場は、スペインにとどまらず、チリやアメリカでもワインを生産。
合計1300ha以上の畑も所有し、世界140ヶ国以上で愛飲されています。
そのワインの多くが各国のワイン・コンペティションで数々の高評価を獲得しており、
トーレスの進化は果てることなく続いています。

こちらのヴェルデオが造られるのは、
首都マドリードの北西部に位置する、カスティーリャ・イ・レオン州ルエダ。
リアス・バイシャスと並び、スペイン白ワインの2大生産地の一つです。
大西洋沿岸のリアス・バイシャスとの最大の違いは気候。
雨量が少なく、夏は非常に暑く冬は厳しい寒さ、一日の中でも昼夜の寒暖差が大きい
典型的な大陸性気候で、白ワイン作りにはまさにうってつけの場所です。
ヴェルデオに用いられるブドウ品種、ヴェルデホは、
「ルエダの誇り」と言われるほどこの地において重要な品種。
寒暖差や干ばつにも強い品種で、
厳しい環境下で育つことで豊かな果実味やアロマ、コクが得られます。
手摘みで収穫されたブドウは、
適切な温度管理のもとで、ステンレスタンクを用いて発酵、熟成。
ヴェルデホの持つ豊かなアロマと味わいをそのまま引き出します。

トーレスが手掛ける、スペインを代表する白ワイン。
溢れる果実とハーブのフレッシュな風味をお楽しみください。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2012 アルパロッソ・ディ・モンタルチーノ (ARPAROSSODIMONTALCINO) / 赤ワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:30:24
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
サルヴァトーレ・フェラガモ・ファミリーが造る、
手軽なワインのシリーズ「アルパ」のロッソ・ディ・モンタルチーノ。
フレッシュで香り高く、洗練された味わい。


2012 アルパロッソ・ディ・モンタルチーノ (ARPAROSSODIMONTALCINO) / 赤ワイン 750ml
フェラガモ・ファミリーがトスカーナに所有する高級リゾート地、「イル・ボッロ村」。
ワイン造りのためにまるごと買い上げたという、この村から
スーパータスカンをはじめ、秀逸なワインが生産されています。

もともとイル・ボッロ村でワイン醸造が始められたのは、
メディチ・トルナクインチ家の統治下にあった18世紀ごろのこと。
その後1999年からはフェラガモ家が
ルーチェなどの醸造責任者も務めるニコロ・ダフィット氏監修のもとワイン造りを初め、
今日ではトスカーナの新しいワイナリーとして世界に認められるようになりました。

このアルパ・シリーズは、「イル・ボッロ」を所有するフェラガモ・ファミリーから、
超一流と謳われる彼らのモノ造りのスピリッツとセンスを受け継ぎ、
造られるワインです。

アルパとはイタリア語で楽器のハープの意味があり、
オーケストラの中でも重要な役割を果たし、シンフォニーを造り出す
優美な音色を表しています。

「アルパは、何世紀にもわたってトスカーナのテロワールを表現してきた、
熟練された技術によって造られる素晴らしいワインのシンフォニーなのです。」
と言うように、厳選された果実とトスカーナの伝統的製法によって、
エレガントで広く人々に愛されるワイン造りを目指しています。

こちらは、イタリアの中でも最も高価なワインとして知られている、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノをより早く、
身近に味わえるワインとして人気のロッソ・ディ・モンタルチーノ。

アルパシリーズのラベルの色はワインのイメージに合わせて選ばれており、
こちらのロッソ・ディ・モンタルチーノは、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノより淡い青緑色。
ブルネッロで造られるワインらしい深みのある果実味と、
それよりも軽く柔らかな口当たりが表現されています。

キノコやトリュフを使ったパスタやリゾットの他、
豚肉やゴルゴンゾーラチーズや、熟成の進んだパルミジャーノなど
芳醇なコクのあるチーズなどと好相性です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2013 ニュイ・サン・ジョルジュオー・ラヴィエール (NUITSSAINTGEORGESAUXLAVIERES) / 赤ワイン 750ml

  1. 2018.02.16(Fri) _14:28:42
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
ヴォーヌ・ロマネのエレガンスを体現する正統派ブルゴーニュ。
ヴォーヌ・ロマネとの境に位置する畑。


2013 ニュイ・サン・ジョルジュオー・ラヴィエール (NUITSSAINTGEORGESAUXLAVIERES) / 赤ワイン 750ml
ヴォーヌ・ロマネの名門、ジャン・グリヴォ。
ほとんどの畑がヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュにあり、
その半分以上が一級畑以上という、最良なテロワールを所有している由緒正しいドメーヌです。

1920年代に、ドメーヌ元詰を開始した先進的なドメーヌで、
1970年代には、 アンリ・ジャイエに次いでブルゴーニュで活躍した
ギィ・アッカ氏のコンサルタントを受け、長期の低温浸漬を採用していました。

かつてはその驚くほど濃い色合いと、凝縮した果実味のワインの評価は賛否両論あり、
一部では「テロワールを感じさせない」と低く評価されたこともありますが、
現当主のエティエンヌ・グリヴォ氏は、
1980年代から徐々にワイン造りを変革、浸漬期間を短めにし、
SO2の使用を最小限に抑え、畑もリュット・レゾネ方式で管理するなど、
代々引き継がれてきたヴォーヌ・ロマネ村とニュイ・サン・ジョルジュ村の
優良な畑のテロワールを表現するため尽力しています。
最近では、以前の熟成に時間を要する剛健な造りから、
『瑞々しくエレガント、そして心地よいワイン』へとシフトしています。

その結果、ロバート・パーカー氏は、ジャン・グリヴォについて、
「1980年以降はここのワインは一貫してブルゴーニュの最上クラスにある。」
「グリヴォのワインは若いうちから飲めるが、
熟成させると格段によくなる素質も備えている。 」
「正統派のブルゴーニュの赤ワイン造りの名手」として、
高く評価しています。

また2007年には、ジョルジュ・ルーミエ、アンヌ・グロ、ボノー・デュ・マルトレイ、
コント・ラフォンなどの生産者とともに 『デカンター』誌の
「時代を通じて活躍する10大ドメーヌ」に選出されるなど、
名門ドメーヌとして、確固たる地位を築いています。

オーナーのエティエンヌ氏のポリシーは、
「飲んだ人が幸せな気持ちになれるワインを造りたい」ということ。
彼のワインには、官能的なアロマと凝縮した果実味があり、
飲んだ人には必ずその情熱が伝わる事でしょう。

ニュイ・サン・ジョルジュのヴォーヌ・ロマネ側に位置する畑が、こちらのオー・ラヴィエール。
一級畑のミュルジェの真下にあり、ヴォーヌ・ロマネ村との境の好立地にあります。
ラヴィエールとは、仏語の"lave"=溶岩から来ている言葉で、平たい石を意味しています。
ヴォーヌ・ロマネにもよく似たボディとスタイルで、
程よいタンニンとエレガントさを兼ね備えたワインです。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

蒼樹 煉

Author:蒼樹 煉





現在の閲覧者数:






ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

価格.com 自動車保険

楽天西友ネットスーパー

自然派スキンケア・エイジングケアの通販サイト【豆腐の盛田屋】

株式会社ニチレイフーズ

検索フォーム

最新コメント




PAGE
TOP.