FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


10連休で非正規は収入減 労組、企業へ待遇改善訴え

  1. 2019.04.06(Sat) _10:50:57
  2. ニュース
 新天皇の即位に伴い今年のゴールデンウイーク(4月27日~5月6日)は10連休となるものの、歓迎一色ではない。時給や日給で働く非正規労働者にとっては収入の大幅な減少につながりかねず、「改めて正規雇用との格差を痛感する」との切実な声も。労働組合も企業側に待遇改善を求めている。(末永陽子)

【写真】重量3キロ、改元記念10万円の巨大バーガー

 「連休で収入が10万円近く減ってしまう。世の中は浮かれているけど、今から憂鬱(ゆううつ)です…」

 小中学生2人を育てるシングルマザーの女性(42)は、ため息をつく。

 数年前から兵庫県内のIT関連企業で派遣職員として働く。時給は千~1200円で、労働時間は1日7時間。海外旅行の話題で盛り上がる正規社員の同僚らを横目に、連日求人サイトで短期のアルバイトを探しているという。

 「子どもたちをどこにも連れて行けずにつらい思いをさせてしまうが、食べていくためには仕方がない」と表情を曇らせる。

 日本郵政の非正社員らでつくる「郵政産業労働者ユニオン」は3月中旬、神戸市内の郵便局前で非正規の待遇改善を求めた。ストライキも実行し、現場の人手不足や時給引き上げなどを訴えた。

 参加した40代の男性が務める郵便局は5月2日が出勤日となるため10連休にはならないが、「給料が大幅に減る状況に変わりはない」。10連休は今年限りの特別法によって決まったが、別の40代男性も「月収の3分の1近くがなくなる仲間も多い。月給で働く人を前提にしたような法律は疑問だ」と訴える。

 旅行サイト大手エクスペディア・ジャパンが昨年秋、「20~50代の社会人経験のある男女」を対象に意識調査を実施したところ、10連休を「うれしい」としたのは54%で、「うれしくない」の46%と回答が分かれた。「うれしくない」の答えは「医師・弁護士・会計士などの専門家」や「主婦・主夫」、「パート・アルバイト」で目立った。
スポンサーサイト





テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース
  1. edit

2007 ドミナス (DOMINUS) / 赤ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:48:26
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
圧倒的な存在感とその完璧なまでの仕上り。
ボルドーの名匠が醸す、
プレミアム・ナパ・ワイン。


2007 ドミナス (DOMINUS) / 赤ワイン 750ml
ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。同氏が1980年代にカリフォルニアで創設し、今やカリフォルニアのトップワイナリーに数えられるのがドミナス・エステートです。

今回、そのドミナスからトップ・キュヴェであるドミナスの最新ヴィンテージ2015年が入荷いたしました。2015年のドミナスは、2010年、2013年に続き、ワイン・アドヴォケイト誌において3度目となる100点を獲得した超グレート・ヴィンテージです。ファン待望の最新ヴィンテージ初リリースのこの機会を、是非お見逃しなく。

最新ヴィテージ入荷!

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2015 サンセール・ロゼ (SANCERREROSE) / ロゼワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:46:34
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
ミネラル豊富な土壌でオーガニック栽培を実施。
ピノ・ノワール100%で造られる
小さな赤系ベリーの風味が広がるチャーミングなロゼワイン。


2015 サンセール・ロゼ (SANCERREROSE) / ロゼワイン 750ml
ドメーヌ デュ ノゼはロワール河から少し離れた
サンセールの街中から丘陵地帯を抜けたサント ジェムという村にあります。
ドメーヌ名の"Nozay"とはラテン語の「くるみの木」という意味で、
その名の通りドメーヌはくるみの木に囲まれています。

現在は、2代目フィリップ ド ブノワ氏の後を継いで
息子であるシリル ド ブノワ氏が現当主となり、栽培・醸造を行っています。

シリル氏の母であるマリー エレーヌ夫人は、
ドメーヌ・ド・ ラ ロマネコンティのオーベル・ド・ヴィレーヌ氏の妹で、
彼は甥にあたります。

ドメーヌ デュ ノゼの所有面積は15ha。
以前からオーガニック栽培を実践、
2011年AB(Agriculture Biologique)に申請し、2014年認証を取得。

畑はドメーヌ デュ ノゼの館を囲む急斜面にあり、
貝殻や火打石を多く含む土壌です。
気象観測機を畑の複数の場所に設置し、
降雨や土壌の温度などを計測し、
過去のデータと照らし合わせて病害の予防などに役立てています。

フレッシュさを保つために、醸造はすべてステンレスタンクで行います。
酵母はこの土地の野生酵母を培養して使用。
ワインに不要な圧力をかけずに0.0002ミリ以上の不純物を取り除く、
最新のフィルター機器を機械メーカーと共同で開発、使用するなど、
出来る限り果実味をそのまま生かした造りを行っています。

ロゼ専用の小さな区画より造られるピノ・ノワール100%のロゼワイン。
ブドウをプレスする際、自然な色を抽出しています。
非常にフレッシュで、小さな赤系ベリーの風味を
綺麗なミネラルと酸が支えるチャーミングなロゼワイン
です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

マカシヴィリ・ワイン・セラー・ヒフヴィ (MAKASHIVILIWINECELLARKHIKHVI) / 白ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:44:59
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
多くのコンクールで高評価を獲得する自然派ワイナリー。
ジョージアワイン初心者にもおすすめな
リッチながらもクリーンな味わいのオレンジワイン。


マカシヴィリ・ワイン・セラー・ヒフヴィ (MAKASHIVILIWINECELLARKHIKHVI) / 白ワイン 750ml
ヴァジアニ・カンパニーは、1982年設立のジョージア固有の伝統的なワイン造りを守り続けるワイナリー。
ブドウ発祥の地と言われるコーカサス地方のジョージアの歴史は長く、
8000年前からワイン造りが行われていたと言われています。
黒海に面した豊かな土地で生まれたワインは、
クレオパトラやチャーチル元英国首相をはじめ、 数々の人物を虜にしてきました。
また、「クヴェヴリ」と呼ばれる内側を蜜蝋でコーティングした卵型の粘土製の壺の中に
皮や種、茎ごとブドウを入れ発酵と熟成をし、さらに壺を地中に埋めることで
一定の適温での貯蔵を実現するという独特のワイン製法が、
2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され、ワインの故郷として更に注目を集めています。

中でもヴァジアニ・カンパニーの醸造所は古い歴史を誇っており、
15世紀後半のカヘティ地区の貴族マカシヴィリ家から始まりました。
そして、19世紀後半、クヴェヴリを使用したワイン造りに秀でた技術をみせたのが、
ヴァジアニ・カンパニーの創設者の祖先でもある、マカシヴィリ王子です。
ヴァジアニ・カンパニーの代表ブランド「マカシヴィリ・ワイン・セラー」シリーズには、
ワイナリーの地中から再発見された、今では珍しい蜜蝋無加工で造られている
120年以上も前のクヴェヴリが使用されています。

この伝統的なクヴェヴリと、ジョージアの固有品種や国際品種を用いて生み出されるワインは、
ジャパン・ワイン・チャレンジ2017年において、
最優秀ジョージア白ワイン賞「トロフィ」を受賞するなど、
世界各国のコンペティションでも多くの賞を受賞しています。

こちらは、「マカシヴィリ・ワイン・セラー」シリーズのひとつで、
ジョージアの土着品種ヒフヴィを用いて造られるオレンジワイン。
ヒフヴィは、中程度のアルコール濃度と柔らかな酸味、
そして黄色の果実のアロマが持ち味の品種。
リッチながらもクリーンな味わいに仕上がっており、
ジョージアワインやオレンジワインを飲んだことがない方にもおすすめの1本
です。


テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2006 サン・ジョセフ・ヴィーニュ・ド・ホスピスルージュ (SAINTJOSEPHVIGNEDEL'HOSPICEROUGE) / 赤ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:43:34
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
コート・ロティに君臨する北部ローヌの名手。
サン・ジョセフの最高峰として知られている優良区画から生まれる
パワフルかつ丸みを帯びた味わい。


2006 サン・ジョセフ・ヴィーニュ・ド・ホスピスルージュ (SAINTJOSEPHVIGNEDEL'HOSPICEROUGE) / 赤ワイン 750ml
名実ともにローヌを代表する生産者ギガル。
ローヌ最古のワイン商、ヴィダル・フルーリー社で14歳の頃から経験を積んだ
エティエンヌ・ギガル氏によって、戦後間もない1946年に創業され、
その後、わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと大きく成長を遂げました。

ギガルは、現在では常識となっている、畑ごとに仕込んで別々に熟成させ、
最後にブレンドして味を決定するという方法を創業以来貫いているドメーヌ。
1966年には傑出したテロワールを持つラ・ムーリンヌを、初めて自社畑として購入。
単一畑コート・ロティの先駆けとなるワインを送り出し、
コート・ロティのポテンシャルを世に知らしめました。
続いて1978年にラ・ランドンヌ、1985年にラ・テュルクをリリース。
「ギガルの3つ子の兄弟」と俗に言われるこれらのコート・ロティ単一畑や、
コンドリューのラ・ドリアーヌはギガルの名声を確固たらしめ、
とりわけこの2つのアペラシオンにおいては、圧倒的な地位を築き上げました。

2代目のマルセル氏は、ヴィダル・フルーリー社を80年代に傘下に収めた後、
1995年にはコート・ロティの歴史的なドメーヌであるシャトー・ダンピュイを入手。
その後も、サン・ジョゼフやエルミタージュなど新しいアイテムを生み出しました。
さらに2006年にはドメーヌ・ド・ボンスリーヌに資本参加し、
こちらは独立したブランドとして醸造、販売されています。
今日、メゾンにおいてワイン造りの全権を担うのは、3代目のフィリップ氏。
ローヌ全体におよそ60haもの自社畑を所有し、
年間生産量600万本という巨大企業の発展を牽引しています。

栽培において重視されているのは環境への配慮。
リュット・レゾネ(減農薬法)を実践し、テロワールの個性が十二分に反映されたブドウを造っています。
醸造を行うのはコート・ロティに居を構えるシャトー・ダンピュイ。
先の「3つ子の兄弟」のコート・ロティは実に40ヶ月もの長期に渡って
新樽に寝かされるため、ギガルにとってオーク樽の善し悪しは極めて重要。
そのため2003年以来、ギガルはシャトー・ダンピュイに樽工房を設え、
年間に必要となるおよそ800ものオーク樽を自製しています。
こだわり抜かれた栽培と醸造により、安定した高い品質を確実なものとしているのです。

こちらは2000年ヴィンテージからリリースされた自社畑産の赤ワイン。
サン・ジョセフは北ローヌ、ローヌ川右岸の長さ50kmにわたって点在するブドウ畑。
シラー種90%以上を使ったコクのある赤ワインと、
マルサンヌ種とルーサンヌ種を使った辛口白ワインが造られています。

その中でもエルミタージュの向かいに位置するギガル所有の畑は、
特に優れた品質のブドウを生み出されるということから、
サン・ジョセフの中でも最高峰として知られている優良区画。
花崗岩質土壌を備えた斜面の急な畑に、平均樹齢20~80年のブドウ樹が植えられています。
醸造においては、温度調節のされたステンレスタンクで約4週間の発酵を実施。
その後新樽にて30ヵ月の熟成を経てリリースされます。

生み出されるワインは、黒系果実の豊かなアロマに繊細な樽のニュアンスを含んだ香りと、
パワフルで丸みを帯びた口当たりが魅力の仕上がり
です。

限定6本!ですので、お早めに!!

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2012 ブラン・ド・シャス・スプリーン[ハーフボトル] (BLANCDECHASSESPLEEN[HALFBOTTLE]) / 白ワイン 375ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:41:20
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
格付けシャトー並の実力と評されるシャトーが造る、
お値打ち価格で楽しめるハイクオリティな白ワイン。
ほんのりと香る樽香が心地よい上品な味わい。


2012 ブラン・ド・シャス・スプリーン[ハーフボトル] (BLANCDECHASSESPLEEN[HALFBOTTLE]) / 白ワイン 375ml
シャトー名のシャス・スプリーンとは、フランス語で「憂いを払う」の意味。
1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロンが命名したと言われています。
1976年に以前のオーナーから買収されて以降、シャトー運営に関することなどが見直され、
より一層クオリティの高いワインが造り出されるようになりました。
そして1980年代の後半にはトップ・シャトーの仲間入りを果たしたのです。

特級シャトー並みのクオリティと知れ渡って久しいにもかかわらず、
未だに10年以上熟成したボトルも良心的な価格で味わえる稀有な存在。
色々な意味でワインラヴァーの味方ともいえるワインです。

日本では、こちらの赤ワインが、漫画『神の雫』に登場したことでも広く知られ、
ペガサスに乗って旅をするイメージと紹介されました。

畑はメドックからポイヤックに抜けるシャトー街道沿い、
マルゴーとサン・ジュリアンの間に位置しています。
シャトー・シャス・スプリーンのあるムーリーは、メドックで最も小さいアペラシオンですが、
並はずれた多様性を持つテロワールがあり、
ピレネー山脈とガロンヌ河由来の砂礫だけで構成された土壌から、
粘土・石灰質の土壌まで、それぞれが補完しあうように広がっています。

こちらのワインは、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンをブレンドしており、
シャス・スプリーンのテロワールの多様性を反映しています。
比較的酸は控えめですが、グレープフルーツやミネラル、かすかにメロンなどの香りや
ローソクのロウ等とのニュアンスなど、複雑なアロマが特徴。
グラーヴの白と勝負できる程の高い品質を備えています。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2013 ル・ボルドー・ド・モーカイユ (LEBORDEAUXDEMAUCAILLOU) / 赤ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:39:58
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
これはお買い得!とバイヤー陣が即決した
トップシャトーのお手軽ワイン。
フレッシュで豊かな果実味がとてもチャーミングな赤。


2013 ル・ボルドー・ド・モーカイユ (LEBORDEAUXDEMAUCAILLOU) / 赤ワイン 750ml
シャトー・モーカイユと言えば、シャス・スプリーンやプジョーと並んで
ボルドーのメドック格付けシャトーに匹敵すると言われるムーリ村のトップシャトー。
1980年代初めからめきめきと品質を上げてきており、

そのモーカイユがガロンヌ川の右岸、白ワインで有名なアントル=ドゥーメール地区にある
ボウレッシュに購入した畑から造るワインがこちらのワイン。

丁寧に手入れされた畑には樹齢55年を数える
古樹が植わっており、葡萄の収穫は念入りに三段階に分けて行われます。

使用品種は、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン。
カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロがほぼ同比率でブレンドされており、
温度管理されたステンレスタンクで発酵を行い、熟成には入念に選び抜かれた樽を使用しています。
しっかりとした骨格がありながらも
なめらかな舌触りがあり飲みやすく仕上がっています。

実力派シャトーの造るお買い得ワイン、ぜひお見逃しなく!

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2016 サヴニエールレ・ヴュー・クロ (SAVENNIERESLESVIEUXCLOS) / 白ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:38:25
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
ロワールの「モンラッシェ」と称賛される、
ビオディナミの伝道師が造る究極の白ワイン。
エレガントな酸とフレッシュな果実味が見事なスタイル。


2016 サヴニエールレ・ヴュー・クロ (SAVENNIERESLESVIEUXCLOS) / 白ワイン 750ml
ニコラ・ジョリーは、現オーナーであるニコラ・ジョリー氏が
一代で名声を築き上げた、ロワールを代表するワイナリーのひとつです。
ニコラ・ジョリー氏は、かつてコロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得、
その後ウォールストリートで働いていたビジネスマンでした。
モントリオールの金融省に1年半、更にモルガンスタンレーに5年間勤務し、
ビジネスの世界で順調に出世していたにもかかわらず、
1976年に仕事を辞めフランスへ帰国。
母が運営していたワイナリーを継ぎ、ワイン造りを始めました。

当初は他の生産者同様、ワインコンサルタントのアドバイスを受けて
除草剤や化学肥料を使用していましたが、畑に昆虫がいなくなり、
土壌も明らかに変質しているのに気づいた彼は、1980年代初頭に
ルドルフ・シュタイナー氏が提唱するバイオダイナミック農法(ビオディナミ)を
取り入れたブドウ栽培を行いました。
今でこそブルゴーニュ、ボルドーの一流生産者にも導入される
ビオディナミですが、フランスで初めてビオディナミをワイン造りに
取り入れ成功させたのはニコラ・ジョリー氏なのです。

バイオダイナミック農法は、別名生体力学農法とも言われ、
化学的に合成された肥料・農薬・除草剤を一切使わない栽培に加え、
天体の運行に合わせ、自然物質を使った特別な調剤を用いて、
自然の潜在能力を引き出す農法です。
1980年に部分的に、1984年からは全ての畑に導入。
ニコラ・ジョリーのワイナリーでは、農薬や化学肥料を一切
排除していることはもちろん、牛や羊などを飼い、
イラクサを始め多くのハーブを育てています。
ハーブなどからビオディナミに必要なプレパラシオン(調合剤)を造り、
家畜たちが畑の草を食べ、馬で耕作するなど、自然と動物と共にブドウを栽培。
醸造は自然酵母にて発酵。発酵時の温度はコントロールや、
デブルバージュ、コラージュは行わず、主に古樽で数ヵ月間熟成後、
瓶詰め前にフィルター処理を極軽く行い造られています。

ジョリー家はロワールに複数の畑を所有していますが、中でも有名なのが
単独所有するクレ・ド・セランです。この畑は12世紀にロワール河の北岸
サヴニエール地区に、シトー派修道僧によって植えられた由緒ある畑。
その後800年以上もの間、ブドウ栽培が行われ、その歴史の中でルイ11世、
14世、女帝フィーヌがこの地を訪れたという記録が残っています。

1962年、この由緒ある畑を歴史好きであったニコラ・ジョリー氏の父が購入。
母が運営していましたが、1976年からはニコラ・ジョリー氏が現当主として
運営に参加しています。単独所有する面積は7haで平均樹齢は40年以上、
一番古い樹で80年という高樹齢のブドウ樹から
複雑で濃縮感あふれる究極の白ワインが産み出されています。

レ・ヴュー・クロの畑は、トップキュヴェのクレ・ド・セランに比べ
やや傾斜が緩やかな東向きの表土が深い区画。
しっかりとした酒質を構築しながらも、
堅苦しさをまったく感じないほどの分かりやすい魅力が広がり、
程よい親近感を生み出してくれます。
エレガントな酸とフレッシュな果実味が心地良く、
アーモンドやナッツなどのニュアンスを感じられる1本です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2015 シャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァン (CH. DEVILLEMAJOUGRANDVIN) / 赤ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:36:28
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
大ヒット南仏ワイン、ヴィルマジューの上級キュヴェ。
高い樹齢のブドウのみを厳選して使用した、
滑らかかつ凝縮した果実の味わいが魅力の1本。


2015 シャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァン (CH. DEVILLEMAJOUGRANDVIN) / 赤ワイン 750ml
ジェラール・ベルトランは、雑誌「ブルータス」誌上のブルータス杯、
「税込み価格3000円以下の非発泡性ワイン」で、
「ヴィルマジュー(赤)」が141本の中から堂々第2位を獲得し、
日本で大ブレイクしたワイナリー。

その後ヴィルマジューは現在に至るまで売れに売れ続けており、
リーズナブルで美味しいワインの不動の地位を築き上げました。
その後エールフランスのビジネスクラスでサービスされるなど、
南仏のクオリティワインの名を欲しいままにしています。

その名の通り、ジェラール・ベルトランは、
2011年にアメリカのワイン評価誌ワイン・エンスージアスト誌において、
ヨーロッパのワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
これに選ばれたのはヨーロッパでわずか3ワイナリーでした。
また、2012年インターナショナル・ワイン・チャレンジにおいて
世界中のワイナリーの中からワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出。
現在はアラン・デュカス、ジョエル・ロブションなどの有名レストランや、
フォション、エディアールなどの百貨店、
また13もの航空会社で機内ワインとして採用されるなど、
世界中で高い評価を得て、信頼を獲得しているワイナリーです。

このシャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァンは、
大ヒットとなった「ヴィルマジュー(赤)」の上級キュヴェ。

丸い大きな石がごろごろと転がり、
まるでシャトー・ヌフ・デュ・パプのようなユニークなテロワールの畑から
栽培されるのは、樹齢30年以上の南仏土着品種ばかり。
なかでもヴィルマジューの自慢は樹齢100年を超えるカリニャンのブドウ。
太くどっしりとした幹はそれほど多くの実をつけませんが、
その分旨みの凝縮したブドウが得られます。
こちらのヴィルマジュー・グラン・ヴァンは、
ヴィルマジューの赤と同じ畑で造られますが、
シラーは樹齢30年以上、カリニャンは80年以上の樹を使用した上級キュヴェ。
より凝縮感のありながら、シルキーで繊細なワインを造りだしています。

発酵はボジョレー・ヌーヴォーで使われるマセラシオン・カルボニック方式を採用。
これはブドウの房をつぶさずにそのままタンクに入れ、
重みだけでつぶし、発生した二酸化炭素を利用して発酵させる技術です。
そのため、まるでボジョレー・ヌーヴォーのようなフレッシュなワインが出来あがります。
また、バリック(225Lの木樽)を使用して10~12ヵ月間熟成しています。

濃厚な紫色を呈し、熟した黒系果実や樽由来の繊細なバニラのニュアンス。
口に含んだ途端、フレッシュな果実味を感じます。
しかし、口当たりはとてもシルキーで滑らか、タンニンも上質で余韻も長く、
上質なベルベットのような優雅な雰囲気は、上級キュヴェならではの味わい。
濃厚ながらも絶妙なフレッシュさと気品をまとった、品の良い味わいの一本です。

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

2007 エルミタージュ・ルージュエクス・ヴォト (HERMITAGEROUGEEXVOTO) / 赤ワイン 750ml

  1. 2019.04.06(Sat) _10:35:11
  2. グルメ・スイーツ・ドリンク・お酒
コート・ロティに君臨する北部ローヌの名手が手掛ける、
優良年にのみ生産される稀少なキュヴェ。
ボリューム感がありながらもバランスに優れた逸品。


2007 エルミタージュ・ルージュエクス・ヴォト (HERMITAGEROUGEEXVOTO) / 赤ワイン 750ml
名実ともにローヌを代表する生産者ギガル。
ローヌ最古のワイン商、ヴィダル・フルーリー社で14歳の頃から経験を積んだ
エティエンヌ・ギガル氏によって、戦後間もない1946年に創業され、
その後、わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと大きく成長を遂げました。

ギガルは、現在では常識となっている、畑ごとに仕込んで別々に熟成させ、
最後にブレンドして味を決定するという方法を創業以来貫いているドメーヌ。
1966年には傑出したテロワールを持つラ・ムーリンヌを、初めて自社畑として購入。
単一畑コート・ロティの先駆けとなるワインを送り出し、
コート・ロティのポテンシャルを世に知らしめました。
続いて1978年にラ・ランドンヌ、1985年にラ・テュルクをリリース。
「ギガルの3つ子の兄弟」と俗に言われるこれらのコート・ロティ単一畑や、
コンドリューのラ・ドリアーヌはギガルの名声を確固たらしめ、
とりわけこの2つのアペラシオンにおいては、圧倒的な地位を築き上げました。

2代目のマルセル氏は、ヴィダル・フルーリー社を80年代に傘下に収めた後、
1995年にはコート・ロティの歴史的なドメーヌであるシャトー・ダンピュイを入手。
その後も、サン・ジョゼフやエルミタージュなど新しいアイテムを生み出しました。
さらに2006年にはドメーヌ・ド・ボンスリーヌに資本参加し、
こちらは独立したブランドとして醸造、販売されています。
今日、メゾンにおいてワイン造りの全権を担うのは、3代目のフィリップ氏。
ローヌ全体におよそ60haもの自社畑を所有し、
年間生産量600万本という巨大企業の発展を牽引しています。

栽培において重視されているのは環境への配慮。
リュット・レゾネ(減農薬法)を実践し、テロワールの個性が十二分に反映されたブドウを造っています。
醸造を行うのはコート・ロティに居を構えるシャトー・ダンピュイ。
先の「3つ子の兄弟」のコート・ロティは実に40ヶ月もの長期に渡って
新樽に寝かされるため、ギガルにとってオーク樽の善し悪しは極めて重要。
そのため2003年以来、ギガルはシャトー・ダンピュイに樽工房を設え、
年間に必要となるおよそ800ものオーク樽を自製しています。
こだわり抜かれた栽培と醸造により、安定した高い品質を確実なものとしているのです。

北ローヌに位置するエルミタージュは、
ローヌ川右岸の丘の上にあり、約8割はシラー種の赤ワインが造られます。
非常にコクがあり、長期熟成に向いているのが特徴です。

こちらのワインは2001年ヴィンテージからリリースされた自社畑産のエルミタージュ。
平均樹齢40~90年のブドウ樹を使用した、優良年にのみ生産される稀少なキュヴェです。
温度調節のされたステンレスタンクで約4週間の発酵の後、
新樽にて42ヵ月の熟成を経てリリースされます。

華やかで複雑なアロマを備え、非常にボリューム感がありながらも
それぞれの要素が美しく調和した、バランスの取れたスタイル。
しっかりとしたタンニンと、繊細さを兼備した味わいが魅力です。
長期熟成のポテンシャルにも大変優れています。
ローヌでも名高いアペラシオン、エルミタージュの
テロワールの素晴らしさが見事に表現された特別な1本です。

限定6本!ですので、お早めに!!

テーマ : 美味しくて、オススメ!    ジャンル : グルメ
  1. edit

03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

蒼樹 煉

Author:蒼樹 煉





現在の閲覧者数:






ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

価格.com 自動車保険

楽天西友ネットスーパー

自然派スキンケア・エイジングケアの通販サイト【豆腐の盛田屋】

株式会社ニチレイフーズ

検索フォーム

最新コメント




PAGE
TOP.